スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

John Lawrence Sullivan 

OK20070105115539685L2.jpg

柳川荒士(Arashi Yanagawa)

1975年3月17日、広島県広島市生まれ。

小学生からボクシングを始め、中央大学を経てプロボクサーになり、具志堅用高氏に見込まれ、プロボクサーとして4年間活動。
引退後、株式会社聖林公司の代官山直営店舗「TOLLFREE(トールフリー)」で販売を経験

2003-2004 A/W より、「ジョンローレンスサリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」をスタート。

2007 S/S、東京コレクションにデビュー。

2008年2月29日、中目黒に路面店をオープン。

ブランド名の由来は、初代世界ヘビー級王者のジョン・ローレンス・サリバン(John Lawrence SULLIVAN)。

John Lawrence Sullivan
住所:東京都目黒区青葉台1-19-7 MSビル1F
電話:03-5428-0068
営業時間:12:00~20:00(不定休)

公式サイト
John Lawrence Sullivan


スポンサーサイト

wjk 

profile_l.jpg

橋本 淳(Jun Hashimoto)

某セレクトショップのバイヤーを経て、CARPE DIEMのデザイナー「マウリッツォ アルティエリ」に共感し、単身でイタリアに渡りマウリッツォと共に活動する。 そこで得た経験を活かす為、3年後帰国し" wjk "を立ち上げる。

2003年、イタリア1piu1uguale3社のブランド゛C DIEM゛(カルペディエム)の日本エージェントとして活動開始。

2004年1月、東京都渋谷区恵比寿にショールーム「ダブルジェイケイ(wjk)」を展開。

2004年6月、自社ブランド「wjk」の展開を開始。

2005年2月、1piu1uguale3社との契約更新せず、自社ブランドのみでの展開に切り替える。

同年3月、2005 A/W展示会スタート、新たにレディースラインを加える。

同年9月、エスキス表参道に期間限定ショップをオープン。更に、静岡・名古屋・大阪に”サテライト プロジェクト”と銘打った企画で小型ショップを同時オープン予定。これに伴い新ラインを追加。

2007-2008 A/W よりレディースウェアラインをスタート。

デニムアイテムはドゥニーム(DENIME)の取扱会社である株式会社シンズ(SHINS Inc.)やドバに OEM で依頼。

wjkの意味
特に意味は無く、会社を立ち上げる際当事者の好きなアルファベットを3つ揃えただけのもの。但し、根底にある考え方は「名前でイメージを決められたくない」と言う所にあります。 名前による固定概念で判断される前に”現物”で見て感じて欲しい、と言うリアリズムから生まれた発想と「名前は1つの記号に過ぎない」と言う意味。


公式サイト
wjk


mastermind JAPAN 

master.jpg

本間 正章(Masaaki Honma)

1970年、新潟県両津市生まれ。

1988年にロンドンに遊学し、帰国後の89年に株式会社ヨウジヤマモトに入社。

1995年、スペース「共存」を設立。

1997年に新ブランドのアドバイザーとして活動し、mastermind JAPANとして独立。

1997-1998 A/Wにファーストコレクションを発表。

2000 S/S及び 2000-2001 A/Wに東京コレクションに参加。

2001年、パリの合同展示会「SHEM」に出展。同年、ヨーロッパへの輸出を開始。

2002 S/Sに合同展示会「TRANOÏ HOMME」に出展。

2003年、パリの展示会場「Le Dome」で、2003-2004 A/W コレクションをショー形式で発表。

2005年、ゴヤール(GOYARD)とのコラボレートを発表。

2006 S/S、日本ファッションウィーク発足に合わせ、ランウェイショーを行う。

2007-2008 A/W より、レディースウェアラインを開始。 

ブランドロゴのスカルには「死ぬまで夢を諦めない」という意味が込められている。


公式サイト
mastermind JAPAN


Marios Schwab 

marios_72.jpg

マリオス・ショワブ(Marios Schwab)

ギリシャ生まれ。

父はオーストリア人、母はギリシャ人。オーストリア・ザルツブルグのアナホフスクールでテキスタイルを中心に学んだ後、ベルリンのエスモードに入学、ベストスチューデントに選ばれる。またイギリスのゴールドスミスでプロダクトデザインを学んだ際は、クロエ・ファッション・アワードを受賞した。03年にセント・マーチン美術大学を卒業。04年春夏「キム・ジョーンズ」のレディスウェアを手掛ける。その後05年秋冬に自身のブランドを立ち上げた。

2007年「スイス・テキスタイル・アワード」で最優秀賞を受賞。


公式サイト
www.mariosschwab.com


Gareth Pugh 

GarethPughAug06.jpg

ガレス・ピュー(Gareth Pugh)

イギリス・サンダーランド生まれ。

03年セントマーチン美術大学を卒業後、イギリスの地上波チャンネル「チャンネル4」のファッション番組や「リック・オウエンス」で経験を積む。一方で、クラブ好きで知られるピューは、行きつけのクラブでもコレクションを披露するなど、デビュー前からアンダーグラウンドで注目を集めていた。04年「デーズド・アンド・コンフゥーズド」で「ステラ・マッカトニー」や「D&G」、「フセイン・チャラヤン」らと共にエキシビジョンを手掛ける。ファッションイーストに2シーズン参加した後、公式スケジュールに登場。奇抜なクリエーションを継続する傍ら、一昨年前にコレクションで発表したドレスが「HSBC」の広告に使われるなど、常に話題絶えない。


公式サイト
www.garethpugh.net


Christopher Kane 

14fasb.jpg

クリストファー・ケイン(Christopher Kane)

1982年、スコットランド・グラスゴー生まれ。

06年セント・マーチン美術大学修士(MA)コースの卒業コレクションで最優秀賞を受賞し、ファッション誌の編集長に見いだされて大注目を浴びる。同コレクションでハロッズのデザインアワードも併せて受賞。その後立て続けに、ニュー・スコティッシュ・デザイナー賞も受けるなど、久々の大型新人として取り上げられるなか、07春夏ロンドンコレクションで公式デビューコレクションを発表した。以前より、フリーランスデザイナーとして「ヴェルサーチ」のクチュールとプレタポルテ、アクセサリーラインのコンサルタントも務める。

自身の名を冠した「クリストファー・ケイン」のブランドで2007年S/Sロンドン・コレクションデビュー。

日本ではコムデギャルソンが手がける東京のセレクトショップでの取り扱いが決定した。

2007年、スコットランド・ファッション・アワードが発表され、大賞ともいうべきデザイナー・オブ・ザ・イアーにクリストファーケーンが選ばれる。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。